Archives for : 5月 2017

エロイプで熟女を脱がすテクニックはコレ

エロイプしよう!と意気込んだからといって、できるものではありません。相手がいるのですから、少しずつ自分と相手の心を開いて、最後にはふたりでオナニー。それが理想ですね。
まず大切なのは心を開くこと。そのためには、お互いの共通の話題からはじめます。
「東京は天気が良いですよ」
「鹿児島は台風がきそうだよ」
そんな会話から始まりました。
そのあと彼女から家庭での話を聞きながら、少しずつこちらも心を開いて、プライベートな話をし始めます。
「最近、元気がないんですよ」「朝立ちとかマジでないし」
そうすると彼女は
「私は乳首が黒いことになやんでる」
ここでビンゴですね。お互い性的な会話ができるようになったら、それは信頼の証。もう一歩でエロイプ達成。
グイグイ押せば、引いていくのが女性です。
ここからはどんどん褒めます。
コンプレックスを抱いている部分を褒めてあげるんです。
そうするとこうなりました。
「見せてよ」
「わたしだけ?」
と結局お互い裸になって、全裸になって見せ会いました。
「もっと足を広げてみせてよ」
とどんどんゆるーく命令してみます。
「アソコ広げて」「自分でさわれる?」といいながら自分自身を握ります。
ある程度のところまでくれば、もうお互い止まりません。
彼女は大人のおもちゃをアソコに挿れて、足を広げて見やすくしてくれます。
もう乳首なんて関係ありません。
後は私がイクまで彼女がアソコにおもちゃを挿入してビクンビクン。
私は思いました。エロイプならクワバタオハラのメガネに似てる女性でもイケるんだ!

スタイルのいい人妻さんとのエロイプ

“チャットのサイトとで知り合った人妻の彼女。
写メを交換したのですが、すごくスタイルが良くて綺麗な人でした。
とても2人子どもがいるなんて思えないくらいでした。

ラインで仲良くなり、ラインのやり取りをしていましたが、ライン電話では電波があまりよくないので、スカイプを使って電話をすることにしました。

私たちは、結構頻繁にラインのやり取りをしていたので、ラブラブな状態になっていました。
なので、スカイプで初めて電話をした時も、打ち解けるまでに、そんなに時間はかかりませんでした。

そして、どんどんエッチな方向へと進んでいったのです。

「もう濡れているんじゃないの?」
「ぬれてないよ〜」
「じゃあ、触って確かめてごらんよ」

そういいながらも、エロイプが始まっていき、お互いにキスをしている音を出しつつ、激しく求め合います。

おっぱいを触って・・・など指示だしをしながらキスをし合っていると、すぐに彼女はエッチになっていきました。

そして、下半身を触るようにいい、クリとアソコに指を入れた瞬間、すぐにイってしまう彼女。

30代って一番性欲が増すと聞きますが、これって本当なのかなと思ってしまいました。

彼女はバイブを持っていたので、正常位の体勢で挿入してもらい、何度もピストンをしました。
それからも、体位を変えると、そのたびに彼女は激しく絶頂します。

エロイプが終わった後も、私たちはラブラブに会話をしていました。

すごく楽しかったのですが、その後、お互いに多忙になってしまい、連絡を取らなくなってしまいました。

シャイな男でもエロイプで頑張りました!

僕は正直言ってシャイなタイプです。同性の男性ならば気軽に話ができます。でも異性の女性には話しかけることもできません。多分、オタク風の風貌にコンプレックスがあるのだと思います。Skypeで話をスルのも当然ッ男性ばかり。女性とSkypeするなんて夢の夢でした。

女性に免疫がない僕が、まさか女性とあんなことになるとは……。とっても可愛い女の子とエロイプしてしまったのです。インターネットの経験談サイトで、エロイプ体験を見たことがありました。でも、まさか、そんな美味しい話なんてないだろうと思っていました。

しかし、大学時代の友達との飲み会で「エロイプ初体験」の話を聞いたのです。食い入るように話に集中して、あわよくば僕もそんな経験をしたいと思っていました。都市伝説だと思っていたエロイプが現実になってきたのです。

友達に教えてもらったSkypeの相手を探す掲示板にさっそくアクセス。女性ユーザーを探し回りました。すると24歳の女性のコメントを発見。
「今、ヒマしているので、眠たくなるまで、誰かSkypeしませんか?」と。
その書き込みがあったのが、深夜の一時のこと。僕も明日は会社が休みで夜更かしをしていたのです。

彼女の書き込みにあったSkypeIDにアクセスしました。
「はじめまして」
なんて、普通のアプローチ。でも僕にはそれが精一杯でした。可愛い声で「こちらこそ、はじめまして」と返事。僕は、これだけでもガッツポーズになりました。自己紹介をしていると、アイコンに写真があったので、「これは本人なの?」と聞くと「うん、そうだよ」と返事。

清楚で長い黒髪が魅力の美少女でした。いろいろ20分ほど話をして、僕は意を決して「え、エロイプしたことはあるの?」と声を震わせて聞きました。彼女は「えっ、あるよ。してみる?」と言ってきたのです。
そこからは、夢のような展開。Webカメラモードに移動して、おっぱいや下着を見せてもらいました。相互オナニーの楽しい時間を過ごしました。エロイプは彼女とはそれっきり。今から思うと、自分でもよくやったと褒めてやりたいです。